医療法人 小笠原会
 介護老人保健施設 リブイン・クローバー
本文へジャンプ

 心があって、かたちがある。もうひとつのわが家です。
 

私達は、地域に根ざした医療・福祉の拠点となるべく、職員一同頑張っております。 季節に春夏秋冬があるように、人の一生にも春から冬までのライフサイクルがあります。それぞれの季節に、それに相応しい花が咲くように、人も又、それぞれの時期に相応しい生き方があるものです。できればその生活は、孤独や不安を抱えた生活ではなく、明日が来るのが楽しみな生活でありたいものです。ここでは、病院で治療後の機能回復をめざす方、在宅療養中の方、認知症の方など、家庭で過ごすには少し不安のあるお年寄りに、心身の状態に合ったケアを行い、1日も早く家庭復帰をしていただくようにサポートしていきます。
私達職員、常に原点に立ち返りながら、「患者様、利用者様の立場に立つ」医療・介護を、実践の中に頑固に貫いていくつもりです。
心地よく、楽しく暮らす、安心の365日

私達のシンボルマークでもある四つ葉は、ご本人、ご家族、地域の方々、そして職員を表し、お互いが安心し、信頼し、そして誇りの持てるよう、それぞれの葉に願いがこめられています。かけがえのない健康への慈しみ。 新しい時代のTOTAL HEALTH CAREをめざして。
「患者様、利用者様のために」。 その素朴で純粋な気持ちこそが私たちの基本となる精神です。
 〜心に届くヒューマンケアを、すべての人に・・・