医療法人 小笠原会
 介護老人保健施設 リブイン・クローバー
本文へジャンプ
8/4(火)                 ・・・ミニ納涼祭

8/7(金)          ・・・絵手紙クラブ

8/24(月)                 ・・・ お誕生会

*行事につきましては、変更がある場合がありますので、事前にお問い合わせ下さい
TEL:0883-36-7711      
 
                   
         ☆〜 お誕生会 〜☆
 カチャーシーは、テンポの速い沖縄民謡の演奏に合わせて踊られる、両手を頭上に挙げ、手首を回しながら左右に振る踊りです。
沖縄方言のなまりで「かき回し」という意味であり、頭上で手を左右に振るさまが、かき回すように見えるため呼び名がつきました。お誕生会では、このカチャーシーをみんなで楽しく踊りました。
       

        
      

心のこもったオリジナリティあふれる色紙のプレゼント。利用者様も、満面の笑顔で喜んでくれた様子。
笑顔とは、最も簡単に人を幸せにする魔法です。

   
   


   

         
     夏になるとアイスクリームが恋しくなりますね。アイスクリームは、夏のスイーツの一番人気といってもよいでしょう。しかし、このアイスクリームが旧約聖書に載っていた事をご存知でしょうか?

アイスクリームは、兵士たちの疲労回復の薬として、また戦意を高める食品として利用されていたというのです。アイスクリームが旧約聖書に記されているほどの昔からあったなんて驚きですよね。
デザートとしてアイスクリームを食べられるようになったのは、16〜17世紀だといわれています。       
     
そして、初めて日本人がアイスクリームを食べたのは1860年に遣米使節団が咸臨丸で渡米した時とされています。その頃のアイスクリームは、現在のアイスクリームのように生クリームを練り込んだものではなく、天然の雪や氷に果汁や蜜などのシロップをかけたものだったようです。
日本には、幕末から明治にかけてアイスクリームが入ってきました。
現在のような製法技術がなかった時代ですが、それでも当時のアイスクリームは大変高価なものだったようです。                   

 

     
    

        
              
    来月のお誕生会もお楽しみに!